酪農ヘルパー第43号(平成16年7月)

目 次

視点:これからの酪農ヘルパー事業について
特集:私の理想とする酪農ヘルパー事業
海外情報:ニュージーランド酪農
新規就農情報:第3回新規就農情報交換交流会
VOICE
時の動き:H16年度酪農ヘルパー事業について
あの町この町
技術情報
新規就農・酪農体験実習レポート


あの町この町


島根県 簸川地方酪農ヘルパー利用組合の取り組み

 島根県中央酪農農業協同組合連合会  簸川地方酪農ヘルパー利用組合 事務局
   渡部 靖司

概況(位置及び設立経緯)

 簸川地方酪農ヘルパー利用組合は、「縁結びの神様」のお膝元で島根県の中央部、出雲市、平田市、簸川郡の2市1郡を区域とし、島根県中央酪農農協連に生乳を出荷する生産者で構成しています。
 当組合は平成3年に設立し、当時酪連伊達会長の口癖で「酪農と乳業は車の両輪」で互いに発展し得る体制構築の折、全国酪農ヘルパー協会の設立支援に共鳴し、後継者対策、廃業農家の歯止め、規模拡大による過酷労働の軽減化、地域社会を担う酪農家の体制と協調等を目的に、生産者で組織する簸川地方酪農協議会と島根県中央酪農農協連の連帯協調により、当地酪農振興の目玉として発足しました。

信頼関係構築に努めた設立時のヘルパー要員

現在酪農家戸数58戸、乳牛飼養頭数2,650 頭、生乳生産量14,500t/年間で、専従ヘルパー7名、臨時1名の8名体制で業務を遂行します。設立当時の専従ヘルパーは現在3名とも在籍し、簸川地方酪農ヘルパー利用組合の基盤構築に誠意努め、加入率は近年90%前後で推移しています。当初は月に1回から2回の利用を専従ヘルパー、緊急時対応に臨時ヘルパーが稼動し対応を図っていましたが、組合加入者が年々増加し、平成8年頃からは連休利用や月3回以上利用の予約が増加し緊急時の調整が大変厳しくなり、2名の専従酪農ヘルパー(酪農家後継者)を採用しました。
 この背景には、設立時からヘルパー要員は即戦力で酪農経験者と決め、要員確保に努めた結果、専従ヘルパーの人柄、作業の正確性、観察力等技術が非常に高かったことで、「信頼関係」のバロメーターとして、加入率がアップしたと考えています。
 その後、平成13年には酪農後継者の退職に伴い、2名の若手ヘルパーを採用、平成15年には女性ヘルパーを採用し、ベテラン3名と若手4名の体制を構築しています。現在傷病等が発生しない場合は、出役日に余裕が発生することから、今年度より1名の専従ヘルパーを4戸で継続利用し利用料を通常の3/4にし、労力不足農家への支援を図り、緊急時や傷病利用が発生した場合の日程調整が容易に出来る体制としました。

傷病利用互助制度全戸加入と廃業率の抑制

  平成9年全国酪農ヘルパー協会の支援で、簸川地方酪農ヘルパー傷病利用互助制度を立ち上げ、発足当時より地域酪農振興の証として、廃業農家の抑制、生乳生産量の増大、後継者の確保を何よりも重要課題として生産者組織(簸川地方酪農協議会)と共同で事業展開してきました。
 この傷病利用互助制度には、ヘルパー組合員外の生産者も、いつ病気やケガをするか、規模の大小に関係なく発生するため、管内酪農家は契約者1名当たり1,000 円を拠出いただき、積立不足金額については、簸川地方酪農協議会で支援し全戸加入し施行しました。
 施行後、傷病利用が発生し入院期間もヘルニア、肝臓疾患など入院期間の長期化、退院後牛舎作業復帰に時間を要する傷病などが出てきたため、傷病利用期間を60日、90日、180 日と改定し、利用料金の軽減化を図り廃業率の抑制に努めています。
 最後に、行政改革の一環と称し、国庫補助金の大幅な見直しが図られ、平成16年度より当ヘルパー制度においても各事業がその対象となっています。組織は各機関関係団体の支援により維持している現況において、新たに消費税の課税が生じるなど組合運営もますます窮地に追い込まれ、酪農家も家畜排泄物への対応、飼料費の高騰による生産コストのアップなどで離脱する農家も後を絶ちません。こうした現状を抑制し、生産基盤の強化を図るためにも、傷病利用互助制度やヘルパー組合に関係機関団体の連帯協調により継続支援をいただきまよう、よろしくお願い致します。

クリックで拡大します。


●新任ヘルパーの声  渡辺美佳

 私は牛が大好きです。また、生まれ育った島根も大好きです。そのため、島根で牛と関われる仕事につきたいと思いヘルパーになりました。
 ヘルパーになって1年が経ちましたが、未だにうまく作業ができないと落ち込んだり、牛が言うこと聞いてくれないと仕事が嫌になったりします。だけど、作業が終わって牛が反芻している姿を見ると、とても嬉しくなります。また、農家さんと、牛だけではなく世間話をすることで、少しずつ信頼関係もできてきたと思います。
 今まであまり地域の人たちと関わることがなかったのに、ヘルパーで行った農家さんと知り合いになれるというのは、私にとってとても良いことだと思います。そして、農家さんからの「だんだん」(方言でありがとう)の一言は仕事がきつくても疲れを忘れるくらいのパワーがあり、次の仕事も頑張れます。
  私のいる簸川地方酪農ヘルパー組合は、ヘルパーが現在7人いて女性は私1人です。1人派遣の時などは、酪農家さんは大切な牛をあずけて大丈夫かと心配もあると思います。力では負けますが、牛を思う気持ちで負けないように頑張りますので、よろしくお願いします。


前のページ次のページ